パンツ

パンツを作るために生地を選ぶポイントは、肌ざわりが良く、
肌にフィットしても透けないような中厚手の生地を選ぶ事です。
ウエストにゴムを使用するパンツの場合は、薄手で柔らかい生地がお勧めです。

生地名 カツラギ
価格 3,500円/m(生地代+プリント加工代)
品質 綿100%・綾織
特徴 斜めの線が特徴的な、丈夫で耐久性のあるコットン地で、パンツの定番生地です。一般的なチノ、デニム、ジーンズと同じ素材感です。
加工 染料インクジェットプリント

生地名 シーチング
価格 3,500円/m(生地代+プリント加工代)
品質 綿100%・平織
特徴 生地目が少し粗い、素朴でナチュラルな生地です。若干生地に張りはありますが、フワッとした落ち感です。ステテコやルームウェアなど、ウエストにゴムを使用するパンツ作りにお薦めです。
加工 染料インクジェットプリント

生地名 CM30ウエザー(W巾)
価格  3,700円/m(生地代+プリント加工代)
品質 綿100%・平織
特徴 張り腰のある、しっかりとした生地なのでカーゴパンツやテーパードパンツ、クロプトパンツに適しています。
ミリタリーテイスト、シンプルなデザインと相性が良いです。
加工 顔料インクジェットプリント
※上記の生地に伸縮性はありませんので、少しゆとりのあるデザインをお薦めします。

Fabric-Designでは、「染料インクジェットプリント」と「顔料インクジェットプリント」という、
2つのプリント加工方法で布・生地に小ロット1mからプリント加工をしています。

>プリント加工方法についてはコチラ