入稿データについて

1.入稿できる画像ファイルの種類

画像ファイルとしてアップロード可能な形式は、JPG・PNG・GIF・BMP・AI・PSD・PDF・EPSです。

 

2.入稿できる画像サイズ

入稿できる画像ファイルデータの最大容量サイズは1ファイル300MBです。

画像の最大サイズは、横幅40,000px、縦幅40,000pxです。

解像度200dpiの場合、縦508cm×横508cmのサイズになります。

横幅は、生地のプリント加工巾を過ぎたデータについては

自動的にカットされますので、画像データを作成する時は

生地のプリント加工巾を横幅に設定して頂きますようお願いいたします。

 

 

3.画像解像度とカラーモード

画像解像度200dpiで作成をして頂きますようお願いいたします。

illustratorの場合は設定が不要です。

カラーモードはRGBで作成していただきますようお願いいたします。

 

4.入稿データに不必要な線が入っていないかどうかを、ご確認ください。

弊社では入稿データの確認、修正は行っておりませんので、ご入稿データをそのままの状態で出力しております。

お客様の作成した入稿データの端に、白く細い線が入っている場合、

下の画像のようなリピート画像が作成され、生産が進行されてしまいます。

インクジェットプリントは繊細な表現もプリントが出来ますので、

1px程の細い線も、柄としてプリントされてしまいます。

入稿データを作成する際は、不必要な線が入っていないかどうか、

十分にご注意の上、ご確認をして頂きますようお願いいたします。

 

5.入稿データは、画面上のシミュレーション通りにプリントされます。

入稿データが、購入する生地の幅、生地の長さよりもサイズが大きい場合、

画面モニター前から見て、入稿データの左端または、右端を起点にして(※)、データがカットされます。

 

入稿データをアップロードした後、【パターン確認】ページに表示される

シミュレーション通りに生地はプリント加工をされますので、

画面上で出来上がり生地のデザインをご確認して頂きますようお願いいたします。

※布への印刷加工方法が顔料・染料インクジェットプリントの場合は画面モニター前から見て、入稿データの左端、

昇華転写プリントの場合は画面モニター前から見て、入稿データの右端を起点にしています。

 

6.入稿データは、柄の1リピートのみのデータ作成をお薦めいたします。

当サイトにデータを入稿すると、自動的に柄がリピートされます。

データを作成する際は、1リピートのみを作成していただくと、

アップロード時に掛かる時間が大幅に短縮されます。

1リピートのデータ作成、アップロードを推奨いたします。

 

7.Illustratorでデータを作成する時に「裁ち落とし」を0mmに設定して下さい。

AIデータの場合、「裁ち落とし」が設定されていると柄の周りに白い枠が生じ、そちらもプリントされてしまいます。

Illustratorでデータを作成する時に「ファイル」から「ドキュメント設定」をクリックして頂き、

「裁ち落とし」の天地左右の設定を0mmにして頂きますようお願いいたします。