プリント加工方法について

Fabric-Designでは、「染料インクジェットプリント」と「顔料インクジェットプリント」と

「昇華転写プリント」という、3つのプリント加工方法で布・生地に印刷加工をしています。

それぞれの特徴と違いについて説明します。

 

染料インクジェットプリント

染料インクジェットプリントは、染料インクを搭載したインクジェットプリンターで、生地に直接プリント加工を行います。

染料インクは布に染み込む性質を持つため、繊維の奥まで色が染み込み、布の風合いを保ったまま生地にプリント加工されます。

染料インクは色を定着する為に、印刷したインクを熱風で乾かした後に蒸し上げ、水洗いをして乾燥させ、

最後に生地巾を整えるための仕上げを行っています。メリットは黒や濃紺などの濃い色がとても綺麗に染められ、布の本来の質感のままで、色落ちや移染の心配はありません。

デメリットは納期が掛かる点と、顔料インクジェットよりも価格が少し高い点です。

 

>染料インクジェットプリントの生地・価格一覧はコチラ

 

顔料インクジェットプリント

顔料インクジェットプリントは、顔料インクを搭載したインクジェットプリントプリンターで生地に直接プリントを行います。

顔料インクは布の表面にインクを付着する性質を持ちます。印刷後のインクはプリント熱風処理のみで色が定着するため、早くプリント加工ができます。

メリットは染料インクジェットプリントよりも短納期で納品でき、価格が安いです。デメリットは生地の風合いがほんの少し、硬くなる点と、

プリントした生地に強い摩擦を掛けると、少し色移りをする可能性がある点です。例えば、プリントした生地をティッシュで強く擦ると、

ティッシュに薄く色が付く、という現象が起きます。

ただ、強い摩擦を掛けなければ用途に問題は無く、ネットに入れた状態で洗濯は出来ます。洗濯での色落ちもありません。

 

>顔料インクジェットプリントの生地・価格一覧はコチラ

 

昇華転写プリント

昇華転写プリントは、転写紙に昇華インクでプリント後、ポリエステルの布に熱圧着をすることで、

転写紙にプリントされた昇華インクが瞬時に気化し、布の繊維に染色されます。

メリットは、インクジェットプリントよりも短納期で、顔料インクより耐擦過性があるので

安心して他のものと一緒に洗濯が出来ます。

デメリットは素材がポリエステルに限られる事と、高温のアイロンを掛けられない事、

また1mの購入時は料金が高い事です。ボリュームディスカウントを設けているので、2m以上のご購入がお買い得です。

 

>昇華転写プリントの生地・価格一覧はコチラ

 

3つのプリント加工の共通点

最小ロット 1mからオリジナルデザインのプリント生地を作成できます。
持ち込み 布・生地の持ち込みは出来ません。 プリントをする生地は、

弊社で用意している生地の中からお選びいただけます。

色数 製版不要のため色数自由で、色数により価格も変わりません。

グラデーションや写真も印刷可能で、精細なプリントが出来るため再現性が高いです。

色合わせ サンプル作成、色合わせは行っておりません。

お客様のご入稿したデータをそのままプリント加工をしております。

CMYKで作成されたデータであっても、プリンターへの入力信号はRGB形式への変換をかけています。

同じ色の信号であっても、プリンターが違うと出力される色は変わってしまいます。

RGBとCMYKで、どちらも忠実に合わせやすいという差はありませんので

色合わせをする方法としましては、あらかじめお客様で作成されたカラーチャートをご注文していただき、

届いた生地を見ながら柄データを作成していただく方法をおすすめいたします。

 

 

それぞれのプリント加工の特徴と違い

染料インクジェット 顔料インクジェット 昇華転写
価格
納期
色移り
生地の風合い
アイロン △(低温・当て布) △(低温・当て布)
乾燥機 × ×
素材の汎用性 ×
濃色表現

 

染料インクジェットプリントの特徴

 

価格 1m3,200円~
納期 約15営業日
色移り 耐摩擦性、耐水性、耐熱性がありますので、強く擦ったりしても色移りはありません。
生地の風合い プリント加工前後で、生地の風合いは変わりません。
アイロン 生地の素材に適した温度でアイロンが可能。
乾燥機 可能
素材の汎用性 生地の素材は綿、麻、ポリエステルなど様々な種類の生地をプリント出来ます。
濃色表現 黒や紺などの濃色が綺麗に出ます。
ベタ塗表現 カラーで無地のベタ塗り部分も綺麗に染まります。

 

顔料インクジェットプリント

価格 1m2,800円~
納期 約10営業日
色移り 強い摩擦に弱く、とても強く擦ると色移りをする可能性があります。

耐水性はあるので、ネットに入れて洗濯する事はでき、色落ちの心配はありません。

生地の風合い プリント加工後は少し硬さが出ます。
アイロン 低温(120℃以下)で当て布をしてください。 特に、プリント部への長時間のアイロンやスチームは避けてください。
乾燥機 不可
素材の汎用性 生地の素材は綿、麻、ポリエステルなど様々な種類の生地をプリント出来ます。
濃色表現 黒や紺などの濃色の再現が苦手で、少し色が薄くなります。
ベタ塗表現 カラーで無地のべた塗り部分が多いと、薄く縞模様が出る可能性があります。

 

昇華転写プリント

価格 1m4,600円~(2m以上は7,000円~)
納期 約7営業日
色移り 耐摩擦性、耐水性、耐熱性がありますので、強く擦ったりしても色移りはありません。
生地の風合い プリント加工前後で、生地の風合いは変わりません。
アイロン 低温(120℃以下)で当て布をしてください。

特に、プリント部分への長時間のアイロンやスチームは避けてください。

乾燥機 不可
素材の汎用性 ポリエステルのみ
濃色表現 黒や紺などの濃色が綺麗に出ます。
ベタ塗表現 カラーで無地のベタ塗り部分も綺麗に染まります。

 

>すべての生地・価格一覧はコチラ

>TOPにもどる