パンツ

1mからオリジナルデザインを布に印刷できる「ファブリックデザイン」で取り扱っている布の中でも、パンツを作る時にお薦めの布をまとめています。

例えばオリジナルの「ペッグトップパンツ」「ガウチョパンツ」「オーバーオール」「カーゴパンツ」を作りたい時に、印刷加工ができる布を紹介します。

ペッグトップパンツ作りにお薦めの布

ペッグトップパンツ

腰回りをごくゆったりとり、裾口へ向かうにしたがって急速に細くしたシルエットを特徴とするパンツです。

テロンとした落ち感のあるポリエステル生地が適しています。

 生地名 納期 組織 素材 価格(税抜)
ピーチファイユ(染料) 15営業日 平織 PE100% 3,000円/m
ツイル(昇華) 7営業日 綾織 PE100% 4,600円/m

「ピーチファイユ(染料)」は「ツイル(昇華)」よりも少し薄手の生地です。「ピーチファイユ(染料)」でパンツを作る時は裏地を付ける事をおすすめします。

ガウチョパンツ作りにお薦めの布

ガウチョパンツ

ガウチョは南米の草原地帯に住むカウボーイのことで、彼らが着用する裾広がり型のゆったりした

七分丈のパンツをいいます。

ギャザー分量を多くして、スカートのような裾幅の広いデザインは少し薄手の生地が適しています。

 生地名 納期 組織 素材 価格(税抜)
ツイル(昇華) 7営業日 綾織 PE100% 4,600円/m
20Sツイル(顔料) 6営業日 綾織 綿100% 2,600円/m
20/16オックス(顔料) 6営業日 平織 綿100% 2,900円/m
20/16オックス(染料) 15営業日 平織 綿100% 3,300円/m
カツラギ(染料) 15営業日 綾織 綿100% 3,500円/m

ツイルはポリエステル生地で落ち感があるため、綺麗めな印象のガウチョパンツになります。

サロペットパンツ作りにお薦めの布

サロペットパンツ

胸当て付きのパンツで、本来は労働者や子供たちが用いる「上っ張り、仕事着、ズボン」のことを指します。

カーペンター(大工)パンツともいいます。

 生地名 納期 組織 素材 価格(税抜)
20Sツイル(顔料) 6営業日 平織 綿100% 3,100円/m
カツラギ(染料) 15営業日 平織 綿100% 3,200円/m
10Sカツラギ(顔料) 6営業日 平織 綿100% 3,500円/m

生地の厚みは「10Sカツラギ(顔料)」「カツラギ(染料)」「20Sツイル(顔料)」の順に厚いです。少し綺麗めなデザインのサロペットスカートを作る場合などは「20Sツイル(顔料)」がおすすめです。

黒やネイビーが少し淡く印刷されるので、濃色を綺麗に印刷したい場合は「カツラギ(染料)」がお薦めです。

カーゴパンツ作りにお薦めの布

カーゴパンツ

カーゴは「貨物、積み荷」の意味で、本来は貨物船の乗組員が穿いていたところからこの名が生まれたとされます。

丈夫なワークパンツの一種をいいます。厚手のコットン地で作られ、

両太ももの外側部分に大型のアコーディオンポケットが貼り付けられているのが最大の特徴です。

 生地名 納期 組織 素材 価格(税抜)
20Sツイル(顔料) 6営業日 平織 綿100% 3,100円/m
カツラギ(染料) 15営業日 平織 綿100% 3,200円/m
10Sカツラギ(顔料) 6営業日 平織 綿100% 3,500円/m

「10Sカツラギ(顔料)」が一番厚みのある生地です。頑丈に作成したい時は「10Sカツラギ(顔料)」がおすすめです。一方、黒や紺色の濃色が多い柄の場合は染料インクジェットプリントで加工している「カツラギ(染料)」がおすすめです。堅牢度が高く、強く擦っても色落ちの心配がありません。