色の出来上がりイメージを確認する

色の確認ができる「出来上がりイメージ」機能

パソコンモニターでは鮮やかな色で見えても、実際に布にプリントした仕上がりの色は

色表現が異なるため違った印象を受けます。

ファブリックデザインでは、「出来上がりイメージ」機能により、

生地へ印刷加工後の仕上がりの色を再現していますので、

購入前にプリント生地の仕上がりの色をイメージしやすくなります。

 

 

 

「出来上がりイメージ」の確認方法

画像をアップロード後の「パターン確認」ページで「出来上がりイメージ」をクリックします。

 

 

 

印刷加工方法によって仕上がりの色が変わります

ファブリックデザインでは、染料と顔料によるインクジェットプリント、

昇華転写プリントの3つの印刷加工方法で布・生地にプリントをしています。

同じ画像データであっても、印刷加工方法によりプリントされる色の仕上がりが異なります。

「出来上がりイメージ」機能では、この印刷方法の違いについても再現しています。

 

 

 

プリント後の色味が心配な方は、事前に数種類の画像データを用意した上で、

「出来上がりイメージ」の確認をして頂き、イメージと近い画像で注文する事を推奨いたします。

ぜひ、こちらの機能を利用してオリジナルデザインの布・生地作りをお楽しみ下さい。
 

※2017年12月27日に、「出来上がりイメージ」をより実物の近似色になるよう改修いたしました。